PHILOSOPHY

経営理念

【企業は人なり 利は元にあり】

創業者の池端広は自分の体験をとおして事業が推進できるのは、人の力であって人こそが資本であると考え、人間尊重を経営理念の基本としました。
仕事を通じて一人ひとりが信頼され、尊敬される人間に成長していくそういう人たちの集団である会社も世の中から信頼されるようになる。
これが企業は人なりの基本である。

announceimg

GREETING

ごあいさつ

当社は昭和34年札幌中央卸市場開設と同時に仲卸業として営業開始から半世紀がたちました。
平成23年本社ビル隣地に建築した新冷蔵設備を備えた新配送センターを駆使し物流システムを構築し物流拠点として、お取引様に対し今まで以上に、豊かでゆとりのある且つ安全、安心をプレゼンスが出来るような、柔軟で感性豊かな、積極提案型なシステムの充実を計って対応していきます。
食の安全、安心な青果物を安定的に供給することでお取引様の信頼を得られることを心掛け、鮮度管理、品質管理、商品管理の徹底をしてまいります。
当社がこのような時代の変化に即応できたのも、ひとえにお取引様のご支援の賜物と感謝しておりますともに、このご支援にお応えできるよう、これからも一層の努力を続け、お取引様の発展に微力ながら寄与してまいる所存です。

announceimg

OVERVIEW

会社概要

事業者名
株式会社 池広
本社所在地
札幌市中央区北12条西19丁目36番地 池広ビル3F
市場事務所
札幌市中央区北12条西20丁目2番2号
TEL / FAX
本社
【TEL】011-631-4182
【FAX】011-643-0967

市場事務所
【TEL】011-631-1405
【FAX】011-631-1407

会社設立
昭和35年8月 仲卸業務許可受諾
代表者名
丹羽 豊彦
資本金
5,000万円
商い高
76億(平成29年度)
決 算
3月末
人 数
役員7名 社員数54名
協力関係会社
(有)マルヨ青果
主要取引銀行
北海道銀行中央市場支店、北洋銀行北5条支店、北海道信用金庫中央市場支店、みずほ銀行札幌支店、北陸銀行琴似支店(順不同)
主要販売取引先
アークスグループ、株式会社産直フレッシュ、北雄ラッキー株式会社、イオン北海道株式会社、マックスバリュ北海道株式会社、株式会社ダイイチ、株式会社豊月(フードD)、全日本食品株式会社(順不同)
主要仕入取引先
札幌みらい中央青果株式会社、株式会社キョクイチ、株式会社ユニオン、株式会社マルマン、樽一小樽中央青果株式会社、生産地
業務形態
札幌市中央卸売市場 青果仲卸

HISTORY

会社沿革

昭和34年12月
創業者 池端 広が札幌中央卸売市場開設と同時に青果仲卸業開始
昭和35年8月
仲卸業務許可受諾、有限会社池広商店設立
昭和63年
谷川 南海男 代表取締役社長に就任
平成4年6月
有限会社池広商店を株式会社池広に組織変更
平成7年10月
本社ビル完成
平成23年7月
低温貯蔵配送センター(セブンティーン)完成
平成25年4月
谷川 南海男 代表取締役会長に就任
平成25年4月
丹羽 豊彦 取締役社長に就任
平成27年4月
丹羽 豊彦 代表取締役社長に就任

ORGANIZATION CHART

組  織  図

announceimg

 

BUSINESS

フレッシュ&ハイクオリティーが
青果物基本です。

旬を逃さず流通、消費者の食卓へ。
ローテーション性による商品安定供給。

生鮮食料品でもある青果物の生産は、天候に左右されやすく、また、価格も不安定になりがちです。
その中で当社では、商品の安定供給を目指し、総合的な取り組みを行っています。

そのひとつが情報収集です。全国の生産者、あるいは市場などから常に生産情報、価格変動の情報を収集。

また、旬を逃がさず流通させるため、全国に仕入先を求め年間を通したローテーションを確立。
独自の供給システムを展開し、お取引様のご要望に素早く対応、希望商品に欠品がないよう努めております。
さらに、生産者との協力態勢のもと、お取引様をはじめ、消費者ニーズに応える独自ブランドの開発も積極的に行っています。

announceimg

時代の流れを素早くキャッチし
情報化を進めるコンピューターを導入

流通業の分野における情報化は目覚ましいものがあります。

当社では、そうした流れに対応するため、いち早くコンピューターによる情報処理システムを導入。

オンラインによって、受発注をはじめ、分荷表の作成、販売管理、経理処理など、作業の効率化・合理化実現しています。
また、コンピューターだけに頼ることなく、各営業担当者がユーザーニーズを素早くキャッチし、迅速かつ柔軟な姿勢で対応しています。

announceimg

 

SYSTEM

ニーズに合わせた
きめ細かなデリバリーシステム

機動力を生かし
要望に応える定期納品システムの確立。

新配送センター(17セブンティーン)が本社の隣接地に完成、低温庫を完備した新配送センターと本社センターを生かした高鮮度定時納品システムが実現。
新設配送センターの低温庫が鮮度を維持し配送センターの機能を一層高めたシステムが活用されており、高鮮度の商品をお待たせすることなくお届けしております。

announceimg

個別パッケージ対応可能

ニーズに応える個別パッケージの提案、お取引様の個々の販売形態を把握し、パッケージ専門会社マルヨ青果と連携し個別対応による少量パッケージ化を可能としています。

これにより店頭では陳列するだけになり、労力の省力化に貢献いたします。

announceimg

時代の流れを素早くキャッチし
情報化を進めるコンピューターを導入

流通業の分野における情報化は目覚ましいものがあります。
当社では、そうした流れに対応するため、いち早くコンピューターによる情報処理システムを導入。
オンラインによって、受発注をはじめ、分荷表の作成、販売管理、経理処理など、作業の効率化・合理化実現しています。
また、コンピューターだけに頼ることなく、各営業担当者がユーザーニーズを素早くキャッチし、迅速かつ柔軟な姿勢で対応しています。

announceimg

プライバシーポリシー

サイトご利用について

リクルート情報

本社事務所

〒060-0012
札幌市中央区北12条西19丁目36番地
池広ビル3階
TEL 011-631-4182
FAX 011-643-0967

市場事務所

〒060-0012
札幌市中央区北12条西20丁目2−2
札幌市中央卸売市場内
TEL 011-631-1405
FAX 011-631-1407

関係機関リンク